マンガ・イラスト

【マンガ】子どもの誤嚥でパニックになったけどなんとか対処できた話

子ども 誤嚥 子ども 誤嚥 子ども 誤嚥

マンガにも描いてありますがとにかく「対処法をTwitterで見ていた」ことで大事にならずにすみました。Twitterさまさまです。

 

詰まった時の特徴

  • 口に指を突っ込んで掻き出そうとする
  • ゼーゼー(ヒューヒュー)という呼吸音
  • 苦しそうにばたばたもがく

以前Twitterで回ってきた動画でこの特徴を知っていたのですぐに誤嚥に気づけました。

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg16245.html(こちらのサイトより動画が見られます)

でもこの特徴を知っていなくても「何かおかしい」と気がつくくらいばたばたともがいていたと思います(必死すぎて記憶があやふや)

異物が喉に詰まった時の対処法


https://news.livedoor.com/article/detail/12821830/より

背部叩打法

片手で体を支えながらうつ伏せにし、背中のあたりを手のひらで叩く方法。私は今回この方法を用いました。

むすこは1歳を過ぎていたので図の真ん中のように膝を立ててそこを跨がせる方法で叩きました。

割と強めの力でドン、と叩いた時にコロンと出てきました。

さく子
さく子
出てきたときは安堵で号泣した…!

①頭を体より下にすること

②膝や支えた手でみぞおちを圧迫すること

③叩くのをためらわないこと(割と強めの力でドン、と叩きました)

乳児〜1歳くらいまではこの背部叩打法を用います。ハイムリック法は1才以下には厳禁

ハイムリック法(腹部突き上げ法)

背後から両腕を回して握ったこぶしをみぞおちのあたりにあてて、うしろに引きあげるようにみぞおちを圧迫する方法。

しっかりと握りこぶしをみぞおちに当てて素早く引き上げる

乳児やお腹の大きい妊婦さんには行わない

どちらの方法もパニックにならずに落ち着いて行うことが大切です。何度やっても異物が出てこない場合はすぐに救急に連絡、反応がなければ心配蘇生へ移ります。

窒息・誤飲について
http://kosodatesakura.com/e841771.htmlより

子ども(赤ちゃん)は誤嚥しやすい

この漫画をツイートしたところ「うちも◯歳の時に詰まらせた」「◯回は詰まった」というリプをたくさんもらいました。

以前は他人事のように考えていたけれど、これだけたくさんの人が同じ経験をしているということは決して珍しい事故ではないんだな…と。

最近もぶどうの誤嚥での死亡事故があったりしたので、詰まらせやすい食材をきちんと把握してそもそも与えないか適切な形状にして与える…というのを徹底していきたいと思います。

詰まらせやすい食材(一例)

ぶどう、ミニトマト、こんにゃくゼリー、ナッツ類、豆類、あめ など

あまり積極的にナッツを与えることはないかもしれませんが、大人のおつまみで食べていたナッツが床に落ちてそれを誤嚥してしまったというケースもあるようです。

あとは氷が詰まったというケースも聞き、うちの製氷機はむすこの手が届くところにあったのでストッパーをつけて開かないように対策をしました。

今回の私の場合は詰まらせやすい食材ではなかったものの、自分でにんじんスティックを噛み切ったため形状が少し大きかった&噛んで小さくする前にお茶で流し込んでしまったというのが原因なのでそういった点も気をつけたいです。

誤嚥を経験してから

今回は私がちゃんと見ている時だったので即座に対処ができたけれど、もしちょっと洗い物しようかな…とむすこに背を向けていたら気がつくのが遅れてしまったかもしれません。

離乳食もだいぶ慣れてきて、油断しがちな今だからこそ初心に帰ってしっかり見ていることが大事だと思いました。

先ほども言いましたが、Twitterで事前に対処法を見ていたので冷静に(?)対処できましたが、もし何も知らない状況で起こったらと思うとぞっとします。
絶対パニックになって右往左往する気しかしない…!

というか知っていてもいざ苦しそうにしている我が子を前にすると本当に頭が真っ白になります。まじで。

これを機に、誤嚥だけでなく心配蘇生法やAEDの使い方などもざっと確認して頭に入れました。お恥ずかしながら1歳未満でもAEDが使用できるって知らなかった…!

人工呼吸が先か胸骨圧迫が先かなど今までふわっとしていたこともしっかり確認しておくといざという時少し安心かなと思います。使わないに越したことはないけど。

まとめ

誤嚥はいつか起こるものと考えているくらいでちょうどいいと思います。

とにかく、

  • 食べてる時は目を離さない
  • 詰まりやすい食材は与えないor形状に気をつける
  • お茶をあげるのは口の中がなくなってから
  • いざという時の対処法をしっかり頭に入れておく

ということを心に刻みました。もうあんなむすこの姿は絶対に見たくないので…しばらく手が震えてむすこを抱きしめることしかできませんでした。

ひとりでも誤嚥事故で悲しい目にあうお子さんがいなくなりますように。

ABOUT ME
かみ山 さく子
かみ山 さく子
漫画やイラストを描く1児の母です。 自分が妊活・出産の時にネットの体験談に救われたので、自分の経験も誰かの役に立てたらいいなと思いいろいろと記録しています。 自分に向いているはたらき方を模索しています。