妊娠のこと

【妊活記録2】不妊検査をしに産婦人科へ

こんにちはさく子です。今回は意を決して産婦人科に行った話。

前回の記事はこちら→【妊活記録1】自分はすぐ妊娠できると勘違いしていた

産婦人科は敷居が高くてびびっていた

これまで生理も順調で特にお世話になることもなかったので産婦人科に足を踏み入れるのは人生で2度目です(1度目は高校生の時に下腹部痛で内診を受けた時/原因は結局不明)

その時の内診が痛かったのと、不妊治療についてのブログを読むと痛い治療のことが多く書いてあるので私の中の産婦人科のイメージは「怖い」と「痛い」でした。

それに「1年以上自然妊娠できなければ不妊」という記事をネットで見ていたので、ギリギリ1年立っていないけどこの状況で行ってもいいのかという葛藤。

そんなこんなで行く前はだいぶびびっていたけど「何か原因があるなら知りたい。原因があるならこのまま自己流で妊活を続けていても治療しなくては子供ができない」と思い立ちやっと重い腰をあげました。

まずは体重測定や血圧測定、いつから子どもを希望してできないかなどの聞き取り。
事前に基礎体温表を持っていくといいと見たので用意したけどまさかの家に忘れるという…
でも私の行った病院ではとりあえず「前の月経日」「生理周期」「生理の期間」くらいしか聞かれなかったので病院によるのかな。

それが終わると検尿です。

思わぬ人との遭遇


検尿に行った先のトイレでまさかの友達に会いました。
一瞬で3コマ目のようなことが頭をよぎる。しかもAちゃんが2人目は考えてないというのも聞いていたのでさらに頭がフル回転。

妊娠してから、妊娠のことってすごいデリケートなことだというのを痛感したので(子どもまだ?とか2人目は?とか軽く聞ける人ってすごいなと思う)ここでAちゃんに「おめでた?」と聞くことはできませんでした。
もし聞けたとして、おめでただったとしても「私は実は不妊検査で…」「あっそうなんだ…」みたいな雰囲気になるのも嫌だったので…!!

そのまま微妙な雰囲気でAちゃんと別れて診察を待ちます。

 

後日談

後日Aちゃんと遊んだ時に結局2人目妊娠したということを聞いてお祝いしました。
あの時病院で会った時の事を聞いてみると

「私もさく子が妊娠なのかそれ以外のことなのか判断つかなくて聞けなかったんだー!!」と言っていたのでお互い気を遣っていたんだな…